top of page
  • firstcare1

介護リフォームの金額・費用・相場について

介護リフォームにかかる費用はどのくらい?


 介護リフォームの費用は、様々な要素によって異なります。具体的な費用は、以下の要素によって左右されることがあります。


①リフォーム内容:介護リフォームの具体的な内容によって費用が変動します。例えば、バリアフリー化(段差解消、手すりの設置)、浴室やトイレの改修、通路の拡張などが含まれる場合、それぞれの費用が加算されます。


②施工範囲:リフォームの対象となる部屋やエリアの広さや数によっても費用は変わります。一部屋の改修のみなのか、全体の改修なのかによって費用が異なる場合があります。


③材料や設備機器の選択:使用する材料や設備機器の品質や種類によっても費用は変わります。高品質な材料や最新の設備機器を選ぶ場合は、費用が高くなる傾向があります。


④地域や業者による違い:地域やリフォーム業者によっても費用は異なります。地域によって工事費用の相場が異なる場合や、業者によって料金体系が異なる場合があります。



★一般的には、介護リフォームの費用は数十万円から数百万円に及ぶことがあります。具体的な費用を知るためには、まずは複数のリフォーム業者に見積もりを依頼し、具体的な要件や予算に基づいた見積もりを取ることが重要です。また、介護保険制度や自治体の補助金制度を活用することで、一部の費用を補填することもできる場合があります。


ご相談・詳細はこちらから↓


         

☆介護リフォームの具体例

 一般的な介護リフォームの具体的な内容と、それに伴うおおよその金額の範囲を以下に示します。ただし、これらは一般的な目安であり、実際の費用は地域や業者によって異なる場合があります。


①バリアフリー化

段差解消(スロープの設置):10,000円〜50,000円

手すりの設置(浴室、トイレ、廊下など):10,000円〜30,000円/本


②浴室の改修

浴槽の交換(バリアフリータイプ):30,000円〜100,000円

シャワーチェアの設置:10,000円〜30,000円


③トイレの改修

ウォシュレットの設置:10,000円〜30,000円

高齢者用トイレへの交換:50,000円〜150,000円


④通路やドアの拡張

通路の広げ方や距離によって異なるため、具体的な見積もりが必要です。

一般的には、10,000円〜50,000円/㎡程度となる場合があります。


⑤床や壁の滑り止め処理

フローリングやタイルの滑り止め加工:5,000円〜20,000円/㎡

壁面の滑り止めマットの設置:1,000円〜5,000円/枚


※上記の金額はあくまで目安であり、具体的な見積もりはリフォーム業者に依頼する必要があります。また、これらの費用は単独の改修項目の場合の金額であり、複数の項目を同時に行う場合や、特殊な状況に応じて費用が変動することもあります。


お見積り・ご相談はこちらから↓  





☆介護リフォームの際に介護保険が使える。

  

①介護保険が適用される方

 要介護認定で要支援1以上となった方は、介護リフォームの際に介護保険を利用できます。※下記、介護保険を使う際の厚生労働省からの定義。

【要介護者等が、自宅に手すりを取付ける等の住宅改修を行おうとするときは、必要な書類(住宅改修が必要な理由書等)を添えて、申請書を提出し、工事完成後、領収書等の費用発生の事実がわかる書類等を提出することにより、実際の住宅改修費の9割相当額が償還払いで支給される。】

②介護リフォームの補助金を受けるための3つの条件

 介護リフォームにあたって、市区町村から保険給付を受けるためには以下の3つの条件があります。

・要支援1以上であること

・対象住宅が被保険者の住所(介護保険証に記載の住所)と一致していること

・利用者が施設や病院に入っていないこと

③介護リフォームの支給限度額・限度回数

・介護リフォームの支給限度基準額は最大20万円です。

・自己負担額は通常の介護保険と同じく、所得に応じて1~3割となります。

なお、超過した分は自己負担になります。


ご相談・詳細はこちらから↓


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page