top of page
  • firstcare1

工事するべき場所



バリアフリーの確保

高齢者にとっては、段差や階段が移動の障害になる場合があります。バリアフリーリフォームとして、スロープの設置や手すりの取り付けなど、車椅子や歩行器を利用する人にとって移動が容易になるような改修が必要です。



重要な箇所

玄関・廊下

玄関や廊下では、入退室時や移動時に手すりが役立ちます。玄関ドアの近くや廊下の壁に手すりを取り付けることで、高齢者が安全に移動できる環境を提供できます。また、玄関の出入り口にスロープを設置することで、車椅子や歩行補助具を使用する高齢者が容易に出入りできるようになります。玄関の段差や階段の代わりとしてスロープを設けることが一般的です。


バスルーム・トイレ

浴室やトイレは、高齢者にとって重要な場所です。浴室の床を滑りにくくするための滑り止めや手すりの設置、バスタブの取り替えやシャワーチェアの設置など、安全性と利便性の向上に役立つリフォームが必要です。


キッチン

キッチンは日常生活で重要な場所ですが、高齢者にとっては使いづらいことがあります。カウンターの高さの調整、引き出しや扉の取り替え、調理台やシンクのバリアフリー化など、使いやすさを考慮したリフォームが求められます。



安全の確保

照明・スイッチ

視力の低下が進むことが多い高齢者にとって、明るい照明が重要です。また、スイッチの位置を低くしたり、照明のリモコンスイッチを追加したりすることで、操作の負担を軽減することができます。


室内

カーペットやマットの滑り止めの使用、コーナーガードの取り付け、電熱器具の火災防止対策など、高齢者の安全を考慮した改善が必要です。


いかがでしたか?


バリアフリーの必要性は人それぞれです。紹介にない箇所でも、工事をすると楽になる場合もあります。


利用者の方に寄り添った施工を行うため、お気軽にお問い合わせください。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page