top of page
  • firstcare1

リフォーム期間はどのくらい必要?

更新日:4月11日

移住空間のリフォームについて


ドアの拡張

扉の幅を大きくする:数日から数週間程度

ドア枠の変更や新しいドアのとり付け、場合によってはドア幅を広げるために壁を撤去し、周囲の壁の修復が必要のため、ケースによって異なります。


床や壁の滑り止め処理

床の表面への滑り止めコーティング:1日~数日

床面の滑り止めマットやシートの設置:数時間~1日

床の種類や広さ、作業の複雑さによって異なります。


ドアストッパーや転倒防止装置

ドアストッパーや転倒防止装置:数時間から半日程度


スロープの設置

手すりの設置:数日~1週間程度

自動ドアの取り付け:1週間~2週間程度

地盤の状態や承認手続きにかかる時間も考慮する必要があります。

既存のドアの撤去や電気設備の配線工事などが必要になる可能性もあるため、現地の状況や作業内容に基づいた工事期間の見積もりを依頼することが重要です。



建物の立地や間取りによって、期間は異なる場合がございます。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。








水回りのリフォームについて


浴室の改修

数日から一週間


トイレの改修

トイレのバリアフリー化:1週間から数週間程度


トイレやお風呂の利用はどうすればいい?

短期間であれば、公共施設や近隣のトイレなどを使用していただくことも多いです。

数日に及ぶ場合には、仮設風呂や仮設トイレを用意できる可能性がございます。

料金や設置について、ご相談ください。




ご自宅の間取りや配管の設置によって、期間が変動いたします。

ご不安な点がございましたら、遠慮なくお申し付けください。









電気関係


電源コンセントとスイッチの移動工事

電源コンセントと配線、スイッチの移動工事:数時間~1日程度

配線の調査と移動工事、取り付け、接続テストの要素によって異なります。




先に自分でも片づけておく

施工日までに改修箇所を片付けておかないと、作業に取り掛かれずに工期が伸びてしまう可能性もあるため、計画的に片づける必要があります。

大型の家具そのものは、お願いすれば職人さんに片づけてもらえる可能性があるので、事前に打合せをしておくことが大切です。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page